So-net無料ブログ作成

DX妖怪ウォッチ [日記]

今日は娘との賭けに負けたので約束通り「DX妖怪ウォッチ」を買ってきた。なかなか運の強い娘だ。これで二人で妖怪探査ができるようになった。

さて、先週は久しぶりに週4日飲み会という、都内で働いていたら普通だったけどこちらではめずらしい週だった。おかげさまで若干体調が悪いのだが、まぁ都内で働いていた時はよく毎日飲んでも普通に仕事ができたものだと思う。最近読んでる本にも書いているが、やはり環境が人を変えるし、支えるし、よくも悪くも環境の与える影響は大きいのだろう。「妖怪のせい」のように「環境のせい」はよくないけど、良い方向に動けば地方も活性化できるのかもしれない。確かにそういう環境をつくろうとしている人は地方には少ない。ほぼいないと言っていい。正確には変えようとしたのかもしれないがあきらめてしまった人が若干いると思うが、それも含めてほぼいないのだろう。確かに、まさに今から変えようとしているが何度もあきらめそうになるのでできない理由もわからなくはない。あとは信念だろう。そして変えていくにはやはり企業の力が必要だと感じる。世界中、どこを探しても行政が町を作って成功している事例はないと言われているがその通りだと思うし、行政が悪いわけではなく、それは行政の仕事ではないのだ。地方の人間の悪いところの1つがこれを理解していないところだ。すべて「行政のせい」、何かできないと行政が悪い、行政は何もしてくれない、となる。確かに行政が何かをしてくれたほうがやりやすくなる場合もあるが、そもそも自分でやりたい事をやっているのに行政は関係ない。行政を妖怪にしてはいけない。企業の力だが、震災後も何度か話しに出たコールセンターや工場誘致。これらは一時的な雇用を生むかもしれないが長期的な町の発展には繋がらない。いくつか理由があるがどうしても賃金の安い方に流れるのは止められないからだ。やはりクリエイティブな仕事、そこでないとアイディアが生まれない仕事、環境をつくることができればーこれが難しいのだがー、可能性はあると思う。すぐに出来るわけではないが目指す方向を決め、その企業やグループを中心に全体で動いていくことが大事だと思う。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。