So-net無料ブログ作成
検索選択

救援物資 [東北大震災関連]

今回は救援物資として数百着の子供服おもちゃを大船渡に届けてきました。

私の調査では、被災した2歳以下の赤ちゃんは大船渡市だけでも100人以上いると思います。これは被災地の状況、出生者数などをみて考えたものですが、この100人の中には残念ながら亡くなった赤ちゃんも含まれます。

現地では電気や水道が通ってないところがあるので、仮に100人が5着ずつ衣類を必要としても、500着の衣類が必要です。肌着500着、パンツ500着、アウター500着、靴下500足…など。

これは大船渡市の2歳以下の赤ちゃんを想定したので、2歳以上の子供、そして他の地域を考えると赤ちゃんや子供用品はまだまだ必要だと思い今回集めて持って行きました。

今回はこれでよかったのかもしれません。

しかし、一週間後は状況が変わります。

今、このブログを見て子供用品が足りないんだと思ったときはすでに子供用品は十分に支給されているかもしれないのです。

わがままかもしれません。

でも、普通の生活をしている人はそれが当たり前でしょ?


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。